MENU

総務部になるには?必要な資格や経験・学歴など解説

総務部になるには

総務部で働くにはどうすればいいのか気になるところでしょう。

総務部は様々な管理業務を行うため、特定の資格や経験、スキルが必要とされます。今回は、総務部で働くために必要な資格や経験について見ていきましょう。

目次

総務部にになるための学歴は

総務部は、最低でも高校卒業資格は求められます。

経営学や管理学など、関連分野の学位や資格を持っていることが理想的です。また、コンピューターソフトウェアに精通し、優れた組織力、顧客サービス、コミュニケーション能力を備えていることも強く望まれます。

総務に必要な資格について

総務部員として働くに必ず必要な資格があるわけではありませんが、取得しておくと有利になる資格があります。

たとえば社会保険労務士や簿記検定などの資格がそれにあたります。また、法務研究、外国語能力、IT関連資格など、総務部門に特化した資格もあります。専門的に学びたい分野によって、取得する資格は変わってきます。

中小企業診断士

中小企業の総務部門の担当者を対象とした資格です。また、中小企業専門の経営コンサルタントの資格を取得したい方も、この資格で取得することが可能です。民間企業でコンサルタントや総務担当者として活躍する場合、この資格の取得が有利になります。

社会保険労務士

社会保険や人事を担当する総務部門の担当者のための資格です。企業の労務問題や年金関連の相談に特化した社労士資格の取得に活用できます。年金機構の相談員を目指す人には、高度な勉強と現場教育ができるこの資格はかなり有益です。

日商簿記検定

日商簿記検定とは、経理(または関連)部門に勤務する方や、総務部門で簿記を担当する方を対象とした資格です。この資格は、簿記ソフト「日商」の使用に関する研修と試験を受け、認定書を取得することができます。この資格は、企業の簿記・経理部門の方が主に利用されますが、総務部門の方でも簿記ができるようになれば、役に立つと思います。

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントは、キャリアに関するカウンセリングを目的とした資格です。この資格を持っていると、人事部や総務部の担当者にとっては有益な資格となります。会社の同僚にアドバイスをしたり、スタッフの福祉やキャリア開発を担当するのに必要な資格を取得することができます。

メンタルヘルス・マネジメントⓇ検定

メンタルヘルスマネジメントⓇ検定とは、メンタルヘルスマネジメント講座で学ぶことで取得できる資格です。この資格を取得することで、次のようなことを効果的に行うために必要な知識と技術を身につけることができます。

総務部なるための経験について

多くの雇用主は、管理職や経営者としての豊富な経験を持つ応募者を好みます。好ましくは、その分野で少なくとも3年から5年の経験があることです。

この経験には、プロジェクトの管理、タスクの委任、カスタマーサービスの対応などが含まれるはずです。

さらに、データベース管理、予算管理、文書管理など、GADに関連するさまざまな業務について理解していることが望ましい。これらの分野の熟練度を示すために、応募者は筆記試験や実技を要求されることがあります。

まとめ

総務部で働くには、最低でも高校卒業資格と、管理職または経営者としての経験が必要です。関連分野の学位や資格を持っていると有利です。

さらに、雇用主は、コンピューターソフトウェア、組織力、顧客サービス、コミュニケーションスキルに熟達した応募者を好みます。

これらの分野の熟練度を示すために、応募者は筆記試験や実技を要求されることもあります。資格と経験の組み合わせが、総務部の成功の鍵です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次